とと美のひとことーク

ダメ男との恋愛の話や男性心理攻略中です!

借金持ちの元彼と付き合っていた話 〜家出編〜①

f:id:totooomi:20210306035513j:image

今回から家出編になります。

 

 前回のお話↓

totooomihitokotalk.com

 

最初から読む↓

totooomihitokotalk.com

 

 

借金持ちの元彼と付き合っていた話 〜家出編〜①
 
 
無事こたろうを漫画喫茶から救出(?)し、
 
家へ帰るため急いで車に戻りました。
 
 
 
 
時刻は午前1時。
 
ノンストップで高速道路走れば
出勤時間の午前8時半には間に合う…!
 
 
コンビニで買っていたおにぎり3つを
こたろうに渡して、すぐ発進しました。
 
 
 
 
こたろう「とと…ありがとう。
     ご飯買っといてくれたんだな。
 
     本当にありがとな。」
 
 
 
よほどお腹が空いていたのか
おにぎりをむさぼりつくこたろう。
 
 
そりゃ残金があれだけじゃ何も出来ないし
ご飯食べる気にもならないだろうしね。
 
 
 
 
 
いろいろ聞きたいこともあったけど
 
今聞いてしまったら
こたろうを余計に追い詰めてしまいそうだし
 
 
 
 
とと美「こたろう長旅お疲れさま。
    今はゆっくり休んで」
 
 
 
 
 
 
 
こたろう「とと、おにぎりご馳走様。
 
     お腹いっぱいになったら
                  眠くなってきた」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
…ん?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こたろう「…………。」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スヤァ…( ˘ω˘ )
 
 
 
 
 
 
 
 
 
確かに私、「ゆっくり休んで」って言った。
言ったよ?
 
 
言ったけども!
 
 
 
 
 
 
 
お前漫画喫茶で7時間
くつろいでたんじゃないのかよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
今だから言うけど、迎えに行ってる途中で
 
 
「ウシジマくん読みながら
                                待ってるね…」
 
 
 
って自分でLINE送ってきたじゃねえか。
 
 
 
 
 
 
 
私だって今すぐスヤァ( ˘ω˘ )って寝たいわ。
 
 
 
 
 
 
 
それ以前に
本気でお腹空いた。
 
 
 
 
 
迎えに行くのに必死で仕事終わってから
何も食べれなかったんだぞ。
 
高速道路飛ばしながら食べるわけにもいかないし
 
 
 
 
ノンストップ予定だったけど
 
いったんサービスエリア入ってとりあえず
自販機でモンスターエナジー2本購入。
 
 
1本をすぐ飲んで再出発しました。
 
 
 
 
 
続きます。

totooomihitokotalk.com

 
 
      \モンスターは緑が一番好き/
f:id:totooomi:20210306035244j:image